図書館司書 通信教育 費用

図書館司書の通信制大学、
費用が安い講座の見付け方

図書館司書 通信教育 大学

 

図書館司書の通信制大学は安いものなら10万円以下、高いものだと100万円近い学費がかかります。これは学歴によって大きく変わりますが、決して安い授業料ではありません…

 

費用が高額だからこそ、キチンと比較したいですよね!

 

当サイトは図書館司書の有名通信制大学を一覧にし、授業料を一目でわかるようまとめてあります。通信教育選びのコツや学習のポイントも掲載しているので、参考にして下さいね。

 

 

図書館司書を目指せる通信教育
【主な大学の授業料一覧】

 

近畿大学
(科目等履修生)

■入学金:20,000円
■授業料:70,000円
■その他:選考料10,000円、他諸費用あり

八洲学園大学

■入学金:20,000円
■授業料:238,000〜250,000円
■その他:教科書代別途、他諸費用あり

聖徳大学
(科目等履修生)

■入学金:0円
■授業料:132,000円
■その他:諸費用あり

聖徳大学
(文学科・正科生)

■入学金:30,000円
■授業料:190,100円
■その他:諸費用あり

姫路大学
(科目群履修生)

■入学金:0円
■授業料:270,000円
■その他:教科書代別途、他諸費用あり

帝京平成大学
(科目等履修生)

■入学金:7,000円
■授業料:158,000円
■その他:教材費5,000円、選考料10,000円、他諸費用あり

帝京平成大学
(正科生)

■入学金:20,000円
■授業料:80,000円(2年目以降も年額80,000円)
■その他:選考料10,000円、他教科書費用等別途

法政大学
(本科生)

■1年次入学    :120,000円
■2・3・4年次編入:140,000円
■その他:次年度以降教育費80,000円、他諸費用あり

玉川大学

■1年次  :833,200円
■2年次編入:643,400円
■3年次編入:452,100円
※その他:諸費用別途

佛教大学
(科目履修コース)

■登録料 + 学費 :131,500円
■スクーリング履修費:68,000円

佛教大学
(本科)
※費用は一例

■1年次  :883,500円
■2年次編入:698,000円
■3年次編入:487,500円
※その他:別途登録費用・スクーリング費用157,000円

※2018年10月現在

 

授業料が安い通信制大学では、近畿大学・聖徳大学・八洲学園大学が有名でしょう。受給資格を満たせば教育訓練給付金の対象となる講座もあります。

 

1年次入学や2〜3年次編入学の場合、費用の合計は50万〜80万円とかなり高額になります。学校によって必要な諸費用も違うので、何にいくら掛かるのかはよく確認しておきましょう!

 

 

まずは通信教育を比較してみよう

図書館司書 通信制大学 費用

 

通信制大学を選ぶポイントは学費だけではありません。学校選びで失敗しないよう、チェックすべきポイントを押さえておきましょう。

 

学歴の条件は?

各大学の学科は、大卒か・そうでないかによって受講条件がわかれていることがほとんど。確認しないで申し込むと、せっかく履修しても資格が取れない…なんてことになりかねません。

 

受講期間は?

学歴や通信講座の履修ペースによって、取得までの期間が変わります。中には最短半年という学校もあるので、学習スケジュールを組むためにも必ずチェックしておきましょう。

 

スクーリングは?

図書館司書の単位を取得するためには『スクーリング』、つまり実際に教室に通って講義を履修する必要があります。いくら費用が安くてもスクーリングできない通信講座を受講すると大変!

 

このほかにも受講方法、学校の口コミ、卒業後のサポート…など様々な情報を調べておかなくてはいけません。

 

図書館司書 通信制大学 比べる おすすめ

 

まずはそれぞれの通信教育がどんなものか、パンフレットを取り寄せて詳しく調べておきましょう。大学同士をじっくり比較しておくのが失敗しないポイントです。

 

資料請求は無料でできるので、気になった大学の資料は全て取り寄せてみてください!

 

 

\気になる学校まとめてチェック/

 

 

 

図書館司書とはどんな資格?

図書館司書とは 通信講座 料金

 

図書館司書の仕事は、公立図書館や企業などが有する専門図書館で本を管理し、利用者に必要なサービスを提供することです。主な仕事は、

 

  • カウンターでの貸出・返却業務
  • 利用者の受付業務
  • 本の情報提供や、代わりに探す

 

といったもの。これらはおそらく図書館を利用したことがある人なら目にする司書の仕事でしょう。しかし実際には他にも色々な仕事をこなしています。

 

本の購入

話題の本、その図書館利用者に需要のある本、新書、リクエストのあった本を厳選して購入します。予算に合わせて購入費用がオーバーしないよう計算しながら行います。

 

配架

返却された本を元の位置に戻したり、新しく購入した本をナンバリングして書架に並べます。ナンバリングしてあるとはいえ、日頃から場所を覚えておき素早く作業する必要があります。

 

本の管理

新書の分類記号、受入番号をコンピューターに入力、ラベリングします。定期的に蔵書整理もします。ブッカーで保護したり破損や汚れなどを見つけて修理する作業も行います。

 

展示コーナーの設定

お勧めの本や季節に応じた本の紹介などをするコーナーを設けます。夏休み前は子供向け、宿題に役立つ本のコーナーを作ったりするのもこの仕事です。

 

イベントの開催

乳幼児や保護者対象のおはなし会、クリスマス会などのイベントを開催します。他に古本市をしている図書館もあります。

 

出張図書館

小学校や広場などを利用して図書館の車が出張していきます。車の中や前で貸し出し返却作業を行います。

 

このように図書館の管理・運営全般の仕事を担っています。単に受付だけする人ではないので、専門的な知識が必要なのがわかりますね。

 

 

資格を取って図書館司書になるには

図書館司書 通信講座 料金 費用 大卒

 

図書館司書は国家資格ですが、国家試験がありません。大学・短大で資格取得に必要な科目を履修し卒業すれば、その時点で図書館司書の資格を得ることができます。

 

そのため資格を取って図書館司書になるには、あなたの学歴によって方法が変わります。

 

高卒で図書館司書になるには

司書補を経て図書館司書を目指す
  1. 大学で『司書補』の講習を受ける(通学)
  2. 司書補として3年間実務経験を積む
  3. 司書講習を修了し、図書館司書の資格を得る

 

司書補から図書館司書を目指す場合、最短3年で資格を取得できます。

 

通信制の大学・短大を卒業する
  1. 通信制大学の正科生となる
  2. 自宅学習、スクーリングをこなす
  3. 卒業と同時に図書館司書の資格を得る

 

通信制大学から図書館司書を目指す場合、最短2年で資格を取得できます。正科生となるため費用は高額になります。

 

 

大卒・短大卒で図書館司書になるには

通信制大学の科目履修生となる
  1. 通信制大学で、資格取得に必要な科目を履修
  2. 卒業と同時に図書館司書の資格を得る

 

編入制度を利用できるので、約1年で資格を取得できます。限られた履修科目だけなので、費用は比較的安いです。

 

司書講習を受講する
  1. 決められた大学で司書講習を受講する
  2. 受講修了とともに図書館司書の資格を得る

 

司書講習は例年7〜9月の間に集中的に行われ、約2ヶ月で資格を取得できます。ただ、実施校は全国で10校以下。また期間中は休まず通わなければいけないため、社会人や専業主婦の方は難しいかもしれません。

 

 

司書の通信講座選びは条件をよく確認!

図書館司書 通信講座 高卒 資格

 

図書館司書になる方法はいくつかありますが、やはり現実的なのは通信制大学で履修すること。

 

  • 通学制より費用が安い
  • ほぼ自宅学習で完了できる
  • 短い期間で履修できる
  • 実務経験が必要ない

 

などメリットは多いです。

 

通信制大学は、学歴ごとに受講条件が違うため制度がやや複雑です。受講前には必ずパンフレットを取り寄せ、条件をよく確認してから申し込みましょう!

 

 

\気になる学校まとめてチェック/

 

 

 

主な図書館司書通信制大学の特徴

図書館司書 通信教育 高卒 大学

 

近畿大学

■費用:100,000円〜
■期間:半年単位で最長1年
年間1,000人が司書資格を取得している人気の通信制大学。WEBを活用した学習環境で、スクーリングなしで1年間で図書館司書を目指せます。費用も安いのでおすすめ。

近畿大学の口コミ・評判

近大の司書はネットでも評判が良かったし、料金も他に比べてかなり安かったのでここにしました。少し難しいなと思う部分はありましたが、教科書や参考書は楽しく読むことができました。とてもやりがいのある1年間でした。

 

>> 近畿大学の資料請求はこちら

 

八洲学園大学

■費用:258,000円〜
■期間:最短6ヶ月
八洲学園大学は授業も試験もすべてインターネット。状況に合わせて授業に参加できるよう複数日程が用意されています。また司書の学習は半年ごとに完結するので、入学時期が合えば最短半年で資格取得ができます。

八洲学園大学の口コミ・評判

eラーニングがあるのでこの大学を選びました。最初はどんなものだろうかと少々不安もありましたが、サポートはしっかりとしていました。とっても便利で有意義なシステムだなという印象しかありません。今後、他にも興味のある講座があったら是非この大学で学びたいです。

 

>> 八洲大学の資料請求はこちら

 

聖徳大学

■費用:132,000円〜
■期間:最短1年
働きながらでも最短1年で資格取得を目指す、専門科目26単位のみを科目履修するコース。教育訓練給付制度の指定講座なので、受給資格を満たせば修了後に受講料の一部が支給されます。

聖徳大学の口コミ・評判

資格取得後、実務に大変役立つと思います。実際に働き始めて感じるのは、資料組織演習がとっても良かったということ。それまで独学で本の整理をしていた時は知らなかった分類方法が勉強できました。ここは先生方も有名な方がいらっしゃり、この大学を選んでよかったです。

 

>> 聖徳大学の資料請求はこちら

 

姫路大学

■費用:270,000円〜
■期間:最短1年
生涯学習でも力を発揮できる人材育成に定評のある姫路大学。費用にはスクーリング受講料も含まれています。別途費用を払えば、司書教諭の養成課程を受講することができます。

姫路大学の口コミ・評判

将来的に学校書図書館で司書教諭として働きたいので、同時取得ができる姫路大学を選びました。テキストがわかりやすくて、学習が進めやすかったです。

 

>> 姫路大学の資料請求はこちら

 

帝京平成大学

■費用:110,000円〜
■期間:最短1年
初心者・経験者・シニアなど様々な学生を受け入れている帝京平成大学。スクーリング科目は週末にも実施しているので、土日のみの受講でも科目を習得することができます。

帝京平成大学の口コミ・評判

帝京平成大学は有名だし、費用が安いのが良かったです。地方在住ですが、スクーリングは都内で受けられるので通いやすかったです。自分のペースで履修することができました。

 

>> 帝京平成大学の資料請求はこちら

 

佛教大学

■費用:199,500円〜
■期間:最短1年
佛教大学は選考書類のみで入学OK。資格取得に費用となる科目だけ履修すればいいので、最短1年で図書館司書の資格を得られます。スクーリングは春期・夏期・冬期など開講時期があります。

佛教大学の口コミ・評判

夢だった図書館で働くために佛教大学の通信課程を履修しました。難しいとか、きついという評判を事前に見ていて不安だったけど、毎月のレポート提出がしっかりできていれば問題はないと思います。

 

>> 佛教大学の資料請求はこちら

 

 

\気になる学校まとめてチェック/

 

 

 

図書館司書の資格に関するQ&A

図書館司書になるには 通信教育 学費 授業料 安い

 

図書館司書は国家資格?

文部科学省が管轄する国家資格です。ただ他の国家資格と違って国家試験がない(単位習得で取得可能)という特徴があります。

 

また、必ずしも就業に資格が必要ないというのも図書館司書の特徴。そのため求人さえあれば図書館職員として働ける可能性もあります。

図書館司書の資格は専業主婦でも取れる?

はい、とれます。最終学歴によって取り方は変わりますが高卒以上でしたらどなたでも努力次第で取れます。

 

民間の通信講座ではとれませんので、大学に通うか、大学の行っている通信教育を利用することになります。小さなお子さんがいる方は別として、専業主婦の方のほうが勉強する時間をとれるかもしれません。

図書館司書の資格は男性が取っても働ける?

はい、男性の図書館司書も多く活躍しています。

図書館司書として働くにはどうやって求人を探すの?

ハローワーク、大学の学生課などで紹介を受けます。求人サイトや新聞の折り込みチラシ等ではなかなか司書の仕事は出ませんので、このような公共機関を頼りましょう。

スクーリングは必要ですか?

多くの通信制大学は、夏季の連続5日間前後でスクーリングによる単位取得が義務付けられています。そのため通信制大学を選ぶ際は、自宅から通える範囲で選ぶのが無難です。

 

ただ、最近は『八洲学園大学』のようにインターネットによるメディア授業で単位を認定する学校もあります。小さなお子さんのいる主婦の方や、平日は仕事で学校に通えない人はこうしたオンライン授業のある通信制大学が良いでしょう。

図書館司書として働くメリットは?

図書館は景気に左右されないので、安定した職業といえるでしょう。基本的に室内での作業となり、座ってできる作業も多いので年齢を重ねても体に負担のない仕事です。

 

パートでなければ長く続けられる仕事であり、家庭を持っても働けるということで女性に人気の職業です。また、図書館という職場で硬いイメージがありますし、公共機関で働いているので社会的な信用は高いといえるでしょう。

図書館司書の給料や年収は?

収入は若いうちは200万ちょっと、年齢を重ねていくと380万円程度となります。能力評価というよりは、年功序列での給与評価をするところが多いようです。

 

日本の全産業の平均収入が400万だとすると、それと比較すると少し低く感じるかもしれません。それでもサービス業や一般事務よりは多少高めと言えるでしょう。

図書館司書と司書補の違いは?

司書補は司書の専門的な仕事を補佐する役割をします。また資格取得の方法も異なります。

 

※司書補の取得方法:高校、中学を卒業、または高専3年を修了し、司書補講習を修了など

司書補から司書になるには?

司書補として三年以上の実務経験を積んでから司書講習を受ければ司書となれます。

図書館司書と司書教諭の違いは?

図書館司書は公立図書館や専門図書館、司書教諭は学校の図書館で活躍します。12学級以上ある学校には必ず司書教諭を配置するよう「学校図書館法」で定められています。

 

司書教諭になるには、小学校・中学校・高等学校又は特別支援学校の教諭の免許状を取得しなければいけません。また所定の機関で講習を受講し、司書香油の資格を取得します。

 

\気になる学校まとめてチェック/