図書館司書 仕事

図書館司書の仕事内容

図書館司書とは 通信講座 料金

 

図書館司書の仕事は、公立図書館や企業などが有する専門図書館で本を管理し、利用者に必要なサービスを提供することです。主な仕事は、

 

  • カウンターでの貸出・返却業務
  • 利用者の受付業務
  • 本の情報提供や、代わりに探す

 

といったもの。これらはおそらく図書館を利用したことがある人なら目にする司書の仕事でしょう。しかし実際には他にも色々な仕事をこなしています。

 

図書館司書の主な日常業務

本の購入

話題の本、その図書館利用者に需要のある本、新書、リクエストのあった本を厳選して購入します。予算に合わせて購入費用がオーバーしないよう計算しながら行います。

 

配架

返却された本を元の位置に戻したり、新しく購入した本をナンバリングして書架に並べます。ナンバリングしてあるとはいえ、日頃から場所を覚えておき素早く作業する必要があります。

 

本の管理

新書の分類記号、受入番号をコンピューターに入力、ラベリングします。定期的に蔵書整理もします。ブッカーで保護したり破損や汚れなどを見つけて修理する作業も行います。

 

展示コーナーの設定

お勧めの本や季節に応じた本の紹介などをするコーナーを設けます。夏休み前は子供向け、宿題に役立つ本のコーナーを作ったりするのもこの仕事です。

 

イベントの開催

乳幼児や保護者対象のおはなし会、クリスマス会などのイベントを開催します。他に古本市をしている図書館もあります。

 

出張図書館

小学校や広場などを利用して図書館の車が出張していきます。車の中や前で貸し出し返却作業を行います。

 

 

このように図書館の管理・運営全般の仕事を担っています。単に受付だけする人ではないので、専門的な知識が必要なのがわかりますね。

 

図書館司書として働くには。求人はどうやって探す?

ハローワーク、大学の学生課などで紹介を受けます。求人サイトや新聞の折り込みチラシ等ではなかなか司書の仕事は出ませんので、このような公共機関を頼りましょう。

 

ただ、もともと図書館司書自体の求人が少ないです。基本的には欠員が出るまで新規募集がないので、常にアンテナを張っておきましょう。また新しい図書館がオープンするときはチャンス!

 

 

>> 【図書館司書】費用安く資格を取れる通信制大学|※比較一覧表あり  TOP